独立しクリニックを開院する時には、いくつかの選択肢が目の前に現れます。
1人で運営するのか、それとも複数人で運営するのか、はたまた自身は経営だけ行い実際の診療など医療行為は他の医師に任せるのか、そうした選択も出てくるでしょう。

多くの人は開業医である自らが経営・運営し、そこにスタッフを雇う形で開業するのでしょうが、そうであっても、まだまだ選択しなければならないことが山ほど出てきます。

  開業する場所や立地を選ぶ

その中でも重要なのが、どのような場所や立地に開業するのかという問題。
開業形態が異なれば、それは患者の数や利益にもさまざまな影響が出てきます。
地域や診療科目、目指すべき診療などを考慮した上で、どのような形態で開業するのかを考えていかなければいけません。

  開業医自身の自宅で開業する場合のメリット&デメリット

代表的な開業形態は、一戸建てとビルの中に院を構える形
開業医自身の自宅で開業する場合には当然前者となり、1階部分に院を構え、2階や3階が住居スペースとなるでしょう。
一戸建てであっても、持ち家なのか借家なのかでも多少変わってくるかもしれません。

この形態のメリットは、理想を追求できる点
資金力があれば内装も揃える医療機器もとことんこだわることが可能であり、他のクリニックとは全く異なる特徴を出すことができるでしょう。

デメリットは、場所によって患者の確保が難しい点です。
住宅街にクリニックを開業すれば、例えば内科であれば患者の確保もしやすいでしょうが、それ以外の診療科目だと、患者集めに苦労する可能性が出てきます。

  ビル内に院を構える場合のメリット&デメリット

最も多い開業形態は、ビル内に院を構える形でしょう。
メリットは、選択肢が多いこと
また、場所選びを間違えなければ、すでにビルは存在しているわけですから人通りも多く、患者さんも確保しやすいはずです。

欠点は、自由度が下がること
スペースが限られていますし、設備等にも限界があるケースが多く、そのビルのポテンシャルを超えるクリニックは当然ながら開業することができません。

  医療モールと呼ばれる形態で開業する場合のメリット&デメリット

もう一つ、これも非常に多い形態ですが、多くのクリニックがすでに入っているビルで開業するパターンがあります。
いわゆる医療モールと呼ばれる形態で、これであれば他のクリニックに訪れた患者が流れてくることも期待できるでしょう。
相乗効果も生まれやすく、また、医療設備が導入しやすいという利点もあります。

ただ、もし同じモール内にある別のクリニックで問題が発生すれば、そのビル内のクリニック全ての評判が落ちるため、相乗効果がある反面、共倒れするリスクもはらんでいます。

開業医は、このような各形態のメリットとデメリットを押さえた上で、場所や立地等も含めて開業するスペースを確保していくようにしてください。

画像出典元:http://www.cucania.com/05_work/03_shop/01_shop/12_kanden.html