開業するためにまず取り組みたい『事業計画の策定』

医師免許と資金があればすぐにクリニック等を開業できるわけではありません。
独立し診療所を開業するためには、それまでにさまざまな作業を行う必要があるのです。

まず取り組みたいのは、事業計画の策定です。
計画のない事業が成功するわけがありません。
これは、自らがそれに則って経営を行い利益を上げていくための計画であり、それとは別に、金融機関から融資を受けるために必要な事業計画も作っておく必要があります。
特に重要なのは後者でしょう。

もし開業資金をよそから調達する必要があるならば、中途半端な計画ではそれも叶いません。
金融機関は良心でお金を貸してくれるわけではありませんから、確実に回収できると判断できなければ融資を受けることはできないのです。

  開業にあたり費用面を明確に提示していく

事業計画では、どのようなことにお金がかかるのか、そして、開業後にどのような形でどのくらいの利益を上げていくのか、これを明確に提示していく必要があります。

診療所で使用する医療機器は購入ではなくリースを利用することもあるでしょう。
それにはどの程度のお金が必要なのか、また、人件費に関しても、雇い入れる人数や給与などを想定し計画書に記載していきます。
もちろん、開院後の患者数を予想し、単価も計算しながら計画を煮詰めていかなければいけません。

この時すでに経営スキルを試されています。
経営学を学んではいなくても、経営スキルやセンスを持っていれば、誰が見ても納得の事業計画が出来上がるはずです。

これらの計画はあくまでも想定ではありますが、確実にこなせなければ、金融機関からの信頼も薄れ、また、経営自体も危うくなってしまいます。
医師募集をしてもすぐに人材が確保できるかわかりません。
時間がかかれば開院が遅れるでしょうし、医師募集と同時に看護師の募集や事務員の確保などにも同じことが言えます。

  開業に必要な手続きを一つ一つ確実に行う

事業計画が完成し無事に資金の借り入れが決定したら、開業に必要な手続きをしていきましょう。
開業に必要な手続きには、事前に申請しておくものや開業後でも問題がないものなど、いくつか種類があります。
書類の申請も、保健所であったり厚生局であったり、あるいは社会保険事務所、労働基準監督署、税務署など、さまざまな機関に出向いた上で行わなければいけません。

簡単な作業ではなく時間もお金もかかりますが、それも覚悟した上で独立・開業を決意するはず。
一つ一つを確実にこなしていきましょう。
特にここで紹介した事業計画や手続きは成否を左右する要素と言っても過言ではありません。
手を抜かずに進めていってください。